グラタン

伊勢海老を食べ方としては届いたらすぐに刺身で食べるのが一番良く、あとは焼く蒸す茹でるのがシンプルな食べ方です。

しかし食べたくてもその日のうちに食べられないときは保存するしか方法がありません。
伊勢海老は出来れば保存せずに届いたら当日に食べて頂きたい食材です。

冷凍すれば必ずといっていい程、質は落ちます。
茹でてから冷凍したら中身がスカスカでプリプリさが無くなっているんです。

不味くても保存しなきゃだめっていう時に使える保存方法をご紹介します。

「海鮮グラタンと言えば伊勢海老!活け締めにして保存する方法」の続きを読む…

cuisine gastronomique - coquille saint jacques

ホタテ貝の仲間は他にもいて、ヨーロッパホタテガイやイタヤガイ・ヒオウギガイ・アズマニシキ・ツキヒガイ・タカサゴツキヒ・マゼランツキヒガイ・アメリカイタヤ等があります。

ヨーロッパホタテガイは東大西洋と地中海に住んでいて、ヨーロッパで一番有名な貝です。
大きさが10cm位あります。

イタヤガイは大きさが15cmあり、昔はこの貝がホタテ貝だと間違えられていました。
現在は少しだけ養殖を行っていますが、ホタテ貝と比べて大量に生産するのは難しいと言われています。

 

「海鮮バター焼きが食べたくなる、ホタテの使い勝手を良くする保存方法」の続きを読む…

キャロットピラフ

イカは体の色を変えることができる生き物として有名です。
ではどこで体の色を変えるのかと言うと、イカの胴体です。

イカの胴体はどこにあるのかと言うとイカの皮をむく部分です。
あの部分にイカの体色の不思議が隠されています。

イカの色というのは皮にある赤色・黄色・黒色の3つの色から成り立ち、この細胞は色素胞と呼ばれています。
この色が重なり組み合わさることにより、身体の色を変えていくんですね。

「海鮮ピラフに良く合うイカの美味しい保存方法はワタを取ること!」の続きを読む…

イカ

蟹のちらし寿司

蟹のフンドシは実はオスにしか無いって知っていましたか?
このフンドシの形は甲羅を裏にすると尖ったような三角形になっていて、メスのフンドシらしきものは丸みを帯びた三角形になっているんです。
メスのこの部分は腰巻と呼ばれています。

オスのフンドシをめりっとめくると陰茎が本入っており、メスの腰巻は生殖孔が2つあるということが分かります。

蟹をさばく際にも確認しても良いかもしれませんね!

「海鮮ちらし寿司で使うと豪華なカニの保存方法!」の続きを読む…

カニ