鯛の刺身

鯛を食べた後にある骨を見つけるのが楽しみとなっている人はいますか?

この骨は胸びれの付け根のところにあり肩甲骨と鳥口骨からできていて、形が鯛に似ていることから鯛の鯛と呼ばれています。

この鯛の鯛を発見すると、とても縁起が良いと江戸時代から言われてきました。

しかしこの鯛の鯛と言うものは鯛以外でもアジ・ヒラメ・金目鯛などの硬骨魚なら、この骨が入っています。
形や大きさはそれぞれの魚によって変わります。

「グルメ刺身の王道は鯛!簡単にできちゃう保存方法とは?」の続きを読む…

秋刀魚の蒲焼き丼

サンマの蒲焼きを作るには三枚おろしをマスターしてからではないと中々作り辛いですね!
お茶漬けを作るにしても三枚おろしができていないと・・・。
ってことになりますので、きっちりご紹介していきます!

まずサンマをまな板に置いてから、うろこ取りで鱗を尻尾から頭に向かって剥ぎ取ります。
鱗を剥ぐのに包丁の方が慣れている方は包丁でやってください。

「海鮮丼には蒲焼きが美味しい、サンマの三枚おろしと背開きのやり方」の続きを読む…

サヨリ

 

今回はサヨリのさばき方の説明をします。
大名おろしの方が向いているので、大名おろしでさばいていきます!
細魚の鱗はあまりありませんので金たわしで擦るとあっという間に取れます。

鱗を取ると、頭をボンッと直角に落としてお腹を尻尾から頭の方にかけて切り込みを入れます。
お腹の中から内臓が出てきますのでこれを取り、お腹を開けるとお腹の中は真っ黒な色をしています。

「海鮮づくしで食べると不思議な味がする、サヨリのさばき方。」の続きを読む…

マサバ

サバは腐りやすい性質からか保存する際も気を付けないとすぐに腐ってしまいます。
鯖の冷蔵保存は必ず調理をしてからではないといけません。

丸ごと一匹の鮮魚を買ってきた場合はできるだけ三枚おろしにした方が良いですね。
サバの三枚おろしを簡単に説明させて頂きます。

「お歳暮にサバ寿司が大人気!三枚おろしにして冷凍保存をやってみよう」の続きを読む…

カレイのバター焼き

カレイの保存方法はまず内臓を出す下処理をしてから保存をします。
冷蔵保存するなら最初に調理してからがポイント!

カレイの下処理の仕方は内臓を出す仕事なので、まずヌメリを取るために新聞紙で擦ってやり、ウロコを金たわしで擦って取ってやります。

「B級グルメ料理の定番であるカレイを下処理してから保存する方法!」の続きを読む…

イワシの煮付け

イワシは冬は南に回遊し、夏は北に回遊をする回遊魚です。
また群れを作って回遊していきます。

食べるときは群れになって泳ぎながら大きな口を開けて大量の動物性プランクトンを食べます。
口を開いたまま泳ぐのでプランクトンが勝手に口の中に入ります。
海水も一緒に飲み込んでいますが、海水はエラブタから捨ててしまいます。

マグロ・トビウオ・サバ・カツオなどの大きな魚がイワシをエサとして食べるのですが、イワシにもある対策あるんです。

「海鮮煮物で濃厚な味わいを楽しむ!イワシの保存の仕方はどう違う?」の続きを読む…

鯵開き

鰺の仲間の中でもシマアジと呼ばれるアジが最高だと言われています。

このシマアジは高級魚で味もすごくウマイです!
私もシマアジを刺身にして食べるのですが、上品なお味でさっぱりしている割に濃厚です。
このアジはやはり刺身や寿司で食べると、より美味しさが引き出されますね。

生息地は本州中部以南の西日本や伊豆諸島や沿岸岩礁域に住んでおり、漁獲方法は主に定置網・刺網・一本釣りで獲られています。

「海鮮干物と言えばアジ!今さら聞けない保存方法の注意点とは?」の続きを読む…

アジ

アワビのにぎり1-1

 

アワビの仲間であるマダカアワビ・メカイアワビ・クロアワビ・エゾアワビ・トコブシがあります。

マダカアワビは日本で一番大きなアワビで、鮑の中では最も深い場所に生息していて水深50mまで沈んでいます。
千葉県が産地であり殻の深さが非常に大きく凹凸もかなりあります。
旬は夏です。

メカイアワビはアワビの中では一番殻の深さが浅く凹凸もあまりなく、九州が産地であり岩礁から水深20m付近の所に住んでいます。
エサは流れてくる藻を食べています。
旬は夏です。

「海鮮の通販でアワビをもらったら、保存方法を考えてみよう!」の続きを読む…

cuisine gastronomique - coquille saint jacques

ホタテ貝の仲間は他にもいて、ヨーロッパホタテガイやイタヤガイ・ヒオウギガイ・アズマニシキ・ツキヒガイ・タカサゴツキヒ・マゼランツキヒガイ・アメリカイタヤ等があります。

ヨーロッパホタテガイは東大西洋と地中海に住んでいて、ヨーロッパで一番有名な貝です。
大きさが10cm位あります。

イタヤガイは大きさが15cmあり、昔はこの貝がホタテ貝だと間違えられていました。
現在は少しだけ養殖を行っていますが、ホタテ貝と比べて大量に生産するのは難しいと言われています。

 

「海鮮バター焼きが食べたくなる、ホタテの使い勝手を良くする保存方法」の続きを読む…

魚介パスタ

海老の保存方法におススメなのは冷凍保存です!
冷凍保存では殻つきの海老はそのまま冷凍すると良いですが、茹でてから冷凍をするのも良いかもしれませんよ!

 

生のまま冷凍するっていうのは、冷凍するうえでエビの細胞が崩れてしまうというデメリットがあります。
茹でてから冷凍すると旨味成分が増し、冷凍するうえで細胞が崩れにくいというメリットがありますの実践してみてはいかがですか?

むき海老の場合は下ごしらえをしてから、ジップロックなどの密閉袋に入れて冷凍してくださいね。

「海鮮パスタの定番!殻つき海老はそのまま冷凍をする?」の続きを読む…

海老