らーめん

海ぶどうの特徴は姿かたちからしてキャビアにも同じ様に見えるので、グリーンキャビアとも呼ばれています。

沖縄県に生息し、高さ6cm~15cm、茎の長さ20cm~50cm、直径1mm~2mmの丸い実がぶどうのように形作られています。

色は薄めの緑色で宝石のように艶があり綺麗です。

「ビールやお酒のつまみによく合う海鮮ラーメンはこれ。海ぶどうの特徴」の続きを読む…

海藻

ひじき

ひじきには、ホンダワラという仲間がいるので順を追ってご説明していきます。

まずヒジキですが、日本各地の潮間帯に生息し大きさは40cm~100cmまで成長します。春の引き潮の際に人の手によって収穫されますが養殖は行われていません。

千葉県にあるヒジキはやんわりとした柔らかさがあり美味しいです。
質が柔らかい分、料理がしやすく味が旨く人気もありますよ!

「海鮮おかずにするならコレだけは外せない、ひじきの特徴。」の続きを読む…

海藻

アーサ汁

アオサの仲間である、アナアオサ、スジアオノリ、ウスバアオノリ、ヒトエグサをご紹介していきます。

アナアオサは日本全国各地の潮間帯に生息し、全長6cm~15cmまであります。

画像を見てもらえると分かりますが、特徴としては少し硬い緑色の葉をしています。
以前から長崎県ではしきりに食べられていた海藻でした。

「海鮮味噌汁を食べてみたい!知ると得した気分になるアオサの特徴」の続きを読む…

海藻

ところてん

テングサと言えばところてんをイメージする方は多いと思います。
だけどそれ以外に食べ方が思いつかないですよね?

一見いらない食材と思いがちですが、ダイエット向きのデザートってことは知っていましたか?
すっごく低カロリーなのに食物繊維もたっぷり入っているので、嫌でも痩せちゃう食材なんです!

栄養素としては、カルシウム、リン、鉄分、ナトリウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンCを含有しています。

「海鮮デザートと言えばところてんや寒天が美味しい、テングサの特徴」の続きを読む…

海藻

焼きうどん

何故アカガイと呼ばれているのか、皆さん聞きたくないですか?

見た限りでは、身が赤っぽい色をしていますよね?

これはアカガイの血液にヘモグロビンが多く含まれているため赤く見えるようになり、さばくときに赤色の血が流れるから、アカガイと呼ばれるようになったんです。

本来の貝の血液というのは無色なんですよね。
アカガイだけが特別だというのがまた不思議ですよ~。

「海鮮焼うどんのソースと貝類の味が見事に絡み合う!赤貝の特徴」の続きを読む…

Soup with seafood

バカガイという名前よりも通称アオヤギとして親しまれてきました。

何故アオヤギと呼ばれるようになったのか?

上総青柳村と言う場所でよく獲れていたのでアオヤギと名づけられたからです。

それでは何故バカガイと呼ばれているのでしょうか?

水揚げされるときには殻の開閉がしっかりと閉じきらず、足をだらしなくぶらんと垂れ下がっていることからバカガイと呼ばれるようになったのです。

「海鮮ブイヤベースに磯の香りを詰め込む、バカガイの特徴」の続きを読む…

Pho Vietnamese soup with meat and noodles

今回は、エゾボラ、ヒメエゾボラ、チヂミエゾボラ、バイ、エッチュウバイ、オオエッチュウバイについてご紹介していきます。

エゾボラは北海道北部~オホーツク海、ベーリング海の水深100m~200mに生息し殻の高さが15cm~18cmまであります。

北海道に存在していたホラガイに似た貝から名前が付けられました。

「海鮮フォーで貝の旨味を上手に引き出す、エゾボラの特徴」の続きを読む…

ナポリタン

トリガイの足が鳥のクチバシに似ているのでトリガイと呼ばれている説と、食べると身の食感が鶏肉に似ているからとも言われています。

二枚貝の中でも比較的価値の高い貝と知られ、寿司屋さんに行けば必ず食べたいと思う一品ですよね!

最近では日本産だけではなく、中国や韓国などから輸入されています。

「海鮮ナポリタンは柔らかく濃厚な味がする、トリガイの特徴」の続きを読む…

おでん

 

今日はマダコ、 イイダコ、ミズダコ、ヤナギダコの特徴についてご説明していきます。

まずはマダコですが、本州北部以南の三陸、北陸、四国、九州~世界中の暖海域の砂れきや砂泥底に生息し、大きさが約45cm~90cmまで成長し、主にタコツボ漁などで漁獲されています。

「海鮮おでんは関西風のおだしで旨味を感じる、マダコの特徴」の続きを読む…

タコ

risotto with mushrooms and leek, selective focus

 

ホタルイカは夜に発光するのではなく昼に発光するイカだってこと、知っていましたか?
夜に光ると敵から見つけられやすいんです!

海の中に住んでいるといっても日中の場合はかすかな光が入ってくるので、ホタルイカに影ができてどこにいるか分かってしまいますよね?

光が入ってくる向きを背にしていますので、腹側にある発光器でお腹を光らせ影を消して外敵から身を守ることができるわけです。

「短時間で簡単に海鮮リゾットを作れるイカ、ホタルイカの特徴」の続きを読む…

イカ