三崎 まぐろソースかつ丼

ビンナガ・ミナミマグロ・メバチ以外にもマグロの仲間であるキハダマグロ・コシナガ・タイセイヨウマグロがいますのでご説明させて頂きます。

キハダマグロは日本近海にある島や岩礁付近に生息し、大きさは2mあり、釣り・巻き網・延縄などで漁獲されています。

味は脂肪が少なくさっぱりとした味をし、春から夏にかけて赤みがあっさりとしていて美味しいです。
西日本が産地となっていて夏が旬となっています。
食べ方は寿司・刺身・酢味噌・角煮などで食べられています。

「海鮮かつ丼でお腹いっぱいになる!マグロの保存方法と解凍方法」の続きを読む…

鯛の刺身

鯛を食べた後にある骨を見つけるのが楽しみとなっている人はいますか?

この骨は胸びれの付け根のところにあり肩甲骨と鳥口骨からできていて、形が鯛に似ていることから鯛の鯛と呼ばれています。

この鯛の鯛を発見すると、とても縁起が良いと江戸時代から言われてきました。

しかしこの鯛の鯛と言うものは鯛以外でもアジ・ヒラメ・金目鯛などの硬骨魚なら、この骨が入っています。
形や大きさはそれぞれの魚によって変わります。

「グルメ刺身の王道は鯛!簡単にできちゃう保存方法とは?」の続きを読む…

秋刀魚の蒲焼き丼

サンマの蒲焼きを作るには三枚おろしをマスターしてからではないと中々作り辛いですね!
お茶漬けを作るにしても三枚おろしができていないと・・・。
ってことになりますので、きっちりご紹介していきます!

まずサンマをまな板に置いてから、うろこ取りで鱗を尻尾から頭に向かって剥ぎ取ります。
鱗を剥ぐのに包丁の方が慣れている方は包丁でやってください。

「海鮮丼には蒲焼きが美味しい、サンマの三枚おろしと背開きのやり方」の続きを読む…

サヨリ

 

今回はサヨリのさばき方の説明をします。
大名おろしの方が向いているので、大名おろしでさばいていきます!
細魚の鱗はあまりありませんので金たわしで擦るとあっという間に取れます。

鱗を取ると、頭をボンッと直角に落としてお腹を尻尾から頭の方にかけて切り込みを入れます。
お腹の中から内臓が出てきますのでこれを取り、お腹を開けるとお腹の中は真っ黒な色をしています。

「海鮮づくしで食べると不思議な味がする、サヨリのさばき方。」の続きを読む…

魚介パスタ

海老の保存方法におススメなのは冷凍保存です!
冷凍保存では殻つきの海老はそのまま冷凍すると良いですが、茹でてから冷凍をするのも良いかもしれませんよ!

 

生のまま冷凍するっていうのは、冷凍するうえでエビの細胞が崩れてしまうというデメリットがあります。
茹でてから冷凍すると旨味成分が増し、冷凍するうえで細胞が崩れにくいというメリットがありますの実践してみてはいかがですか?

むき海老の場合は下ごしらえをしてから、ジップロックなどの密閉袋に入れて冷凍してくださいね。

「海鮮パスタの定番!殻つき海老はそのまま冷凍をする?」の続きを読む…

海老

蟹のちらし寿司

蟹のフンドシは実はオスにしか無いって知っていましたか?
このフンドシの形は甲羅を裏にすると尖ったような三角形になっていて、メスのフンドシらしきものは丸みを帯びた三角形になっているんです。
メスのこの部分は腰巻と呼ばれています。

オスのフンドシをめりっとめくると陰茎が本入っており、メスの腰巻は生殖孔が2つあるということが分かります。

蟹をさばく際にも確認しても良いかもしれませんね!

「海鮮ちらし寿司で使うと豪華なカニの保存方法!」の続きを読む…

カニ