l

本日は昆布の仲間である、真昆布、日高昆布、羅臼昆布、長昆布、利尻昆布についてご紹介していきたいと思います。

真昆布は北海道~青森県、宮城県沿岸の水深5m~10m付近の岩礁帯で育ち、高さ約3m~6m、幅が約30cm~35cm、厚さ4mm、茎の長さ約6cm~13cmまで成長します。

寿命が2年間しかなく、私たちが食べている真昆布は2年目になります。

「和食グルメにはまずコレがないと始まらない、昆布の食べ方と栄養素」の続きを読む…

海藻

鯛の刺身

鯛を食べた後にある骨を見つけるのが楽しみとなっている人はいますか?

この骨は胸びれの付け根のところにあり肩甲骨と鳥口骨からできていて、形が鯛に似ていることから鯛の鯛と呼ばれています。

この鯛の鯛を発見すると、とても縁起が良いと江戸時代から言われてきました。

しかしこの鯛の鯛と言うものは鯛以外でもアジ・ヒラメ・金目鯛などの硬骨魚なら、この骨が入っています。
形や大きさはそれぞれの魚によって変わります。

「グルメ刺身の王道は鯛!簡単にできちゃう保存方法とは?」の続きを読む…

キンメダイの煮つけ

金目鯛を選ぶときは金色に輝いているものを選べ!とよく言われますが、何故目が大きくて金色の目をしているんでしょうか?

それは金目鯛が深海魚の仲間だからです。
水深500メートル以下で生活をしている深海魚は全て金色の目を持っています。

目が大きい理由は暗い海の中で生活しないといけないので少しでも光を捕らえるためと、獲物を捕らえるのに非常に目が発達しています。

「和食グルメに定評のある金目鯛の目が大きい理由とは?」の続きを読む…

カレイのバター焼き

カレイの保存方法はまず内臓を出す下処理をしてから保存をします。
冷蔵保存するなら最初に調理してからがポイント!

カレイの下処理の仕方は内臓を出す仕事なので、まずヌメリを取るために新聞紙で擦ってやり、ウロコを金たわしで擦って取ってやります。

「B級グルメ料理の定番であるカレイを下処理してから保存する方法!」の続きを読む…

イワシ

実際にイワシは青魚なので臭みがあります。
イワシの食べ方の一つとして梅干しや生姜・ネギを入れると臭みが取れる方法があります。

またイワシには地域ごとに郷土料理があり日本中で愛されている食材でもあります。
イワシのさばき方を学んだ上で食べ方のレパートリーを増やしていきましょう!

「健康な毎日を送るために日本人定番の和食グルメであるイワシをさばく」の続きを読む…

いくら丼

醤油漬をするときに迷うのが、醤油とみりんと酒の比率ですね。
このときに昆布だしを入れるのか入れないのかで保存する日にちも決まっていきます。
今回ご紹介するのは「甘くてまろやかな味」です。
昆布だしや鰹だしをいれるので濃厚な味を楽しみたい方は入れなくてもいいと思います。
イクラをほぐしてから醤油漬けをしていきます。

「和食グルメが食べたい、甘くて旨味のあるイクラの醤油漬の作り方!」の続きを読む…

焼き魚アジ

マアジの食べ方を知る前に学んでおきたいことがあります。
それは鯵の三枚おろしです。

鯵の三枚おろしをマスターすれば、刺身、天ぷら、フライなどがすぐにできますので、覚えておいて損はありません!

アジをまな板の上において尻尾を右側に頭を左側に置きます。
尻尾から頭の方にある細長いうろこがあるので、それを包丁で沿うように浅く切ります。
この細長いうろこはゼイゴと言います。

「和食グルメで有名!ジューシーなアジの三枚おろしにトライする」の続きを読む…

アジ