脱皮したばかりの若蟹よりも脱皮して成長した堅蟹を食べると美味しい

カニは成長するために必ず脱皮をします。 生態学としては蟹が脱皮をすることは必要不可欠ですが、 私たち人間が食べるためには絶対に避けたいところです。 ズワイガニ・タラバガニ・毛蟹を食べるときに絶対に必要になることなので、 ‥‥

蟹の足とはさみがうまい、越前かに問屋ますよねが到着しました!

楽天市場内でも一番人気があると言っても過言ではない、格安で味が旨い越前かに問屋ますよねのカット済生ずわいがにをお取り寄せして頂きました! 最初から蟹の爪・爪下・肩・脚をカットしてくれているので、さばく手間が省ける上に、蟹 ‥‥

短時間で簡単に海鮮リゾットを作れるイカ、ホタルイカの特徴

  ホタルイカは夜に発光するのではなく昼に発光するイカだってこと、知っていましたか? 夜に光ると敵から見つけられやすいんです! 海の中に住んでいるといっても日中の場合はかすかな光が入ってくるので、ホタルイカに影 ‥‥

冷たく鮮度の良い海鮮うどんと一緒に食べる、スルメイカの特徴

  ツツイカ目アカイカ科のスルメイカ・アカイカ・トビイカをご紹介していきます。 スルメイカは北海道~九州までの日本各地の沿岸付近に生息し大きさは30cmまで大きくなり、光で集めたところを一気に獲らえるスルメイカ ‥‥

海鮮焼きそばには柔らかい身と甘みの強い旨さ!ヤリイカの特徴

  ツツイカ目ヤリイカ科のヤリイカ・アオリイカ・カルフォルニアヤリイカ・ケンサキイカ・ヒラケンサキイカ・ベイカ・ジンドウイカをご紹介します。 ヤリイカは北海道~鹿児島・朝鮮半島・台湾に生息し35cm~40cmま ‥‥

海鮮カルパッチョでコリコリ感ともっちり感を味わう、コウイカの特徴

  コウイカはコウイカ目コウイカ科のイカの仲間です。 ミミイカもコウイカの仲間ですが、コウイカ目ダンゴイカ科に属するので遠い親戚となります。 コウイカ目の特徴と言えば、私たちが頭と呼んでいる銅の部分が円錐の形の ‥‥

海鮮あんかけ焼きそばのパリパリ感ととろりとした味!シャコの特徴

  シャコはシャコ目シャコ科の生物で海老ではなく蟹でもない生物です。 ですが見た目が少しだけエビに似ています。 それではシャコとシャコの仲間であるトゲシャコ・シリブトシャコ・スジオシャコ・ヨーロッパシャコをご紹 ‥‥

海鮮チヂミで外はカリッと中はモッチリの食感を楽しむ、ガザミの特徴

ガザミは他の蟹と違って遊泳しながら魚や動物プランクトンなどを食べて、水の流れに沿いながら渡っていきます。 どうして泳ぐことができるのかと言うと、第4番目の脚がひれのように平らな脚になっていて、 この脚がボートなどを漕ぐ時 ‥‥

上質で濃厚なカニ味噌を海鮮グラタンで味わう!毛蟹の特徴

  毛蟹と言うと黄色いミソが甘く美味しいですよね! 北海道でも毛蟹が一番美味しくズワイガニやタラバガニと比べると市場にはあまり出回っておらず、価格は一番高いです。 体全体が小さなブツブツとなっている顆粒と刺さる ‥‥

海鮮ピザには贅沢すぎる厚い身がぎっしり!ズワイガニの特徴

  ズワイガニのオスは山陰地方では松葉ガニと呼ばれ北陸地方では越前ガニと呼ばれています。 メスは北陸地方では香箱ガニ・セイコガニと呼ばれ、山陰地方ではこっぺ蟹・親蟹とも呼ばれています。 ロシアやアメリカなどから ‥‥

海鮮天津飯でボリュームのあるジューシーな旨さ、タラバガニの特徴

  どうしてタラバガニと呼ばれているか知っていますか? それは明治時代に鱈漁場の船員が仕事をしている間にダラダラと怠けて遊んで海の中に網を沈ませました。 この時、いつもとは違う見たことがない大きなどでかい蟹が引 ‥‥

海鮮おせち料理にはプリプリで濃厚な味、ボタンエビの特徴

甘えびと同じタラバエビ科の仲間としてボタンエビがいます。 タラバエビ科の仲間であるボタンエビ・トヤマエビ・ホッカイエビ・モロトゲアカエビ・スナエビの特徴をご紹介していきます。 ボタンエビは北海道内浦湾~土佐湾までの水深4 ‥‥

海鮮づくしで甘くとろみのある身がスゴイ!甘エビの特徴

  甘エビはタラバエビ科の海老であり、ホッコクアカエビという名前で知られています。 タラバエビは漢字で書くと鱈場海老と書き、タラが住んでいるような寒い海に住んでいるエビのことを指しています。 食べると甘みが口の ‥‥

海鮮お好み焼きで豊富なカルシウムが取れる、桜えびの食べ方と特徴

  クルマエビが産卵して卵を抱くことはなく遊泳しながら産み離して完全に育児放棄をしてしまうのに対して、サクラエビが属しているコエビ類は全て卵をお腹に抱えて孵化するまで守ってくれます。 コエビ類に属しているサクラ ‥‥

海鮮炒めでジューシーに香ばしく味をつける、芝エビの食べ方と特徴

  芝エビは昔東京の芝浦で大量に漁獲されていたことから由来してシバエビと名づけられました。 地方によっては触角が赤いのでアカヒゲとも呼ばれています。 芝エビと芝エビの仲間であるコウライエビ・ヨシエビ・アカエビ・ ‥‥