カニ 蟹

カニは成長するために必ず脱皮をします。

生態学としては蟹が脱皮をすることは必要不可欠ですが、
私たち人間が食べるためには絶対に避けたいところです。

ズワイガニ・タラバガニ・毛蟹を食べるときに絶対に必要になることなので、
皆さん絶対に覚えていてくださいね!

脱皮した蟹は身が詰まっていない蟹です。

脱皮したばかりの蟹は脱皮する時に体力を使うので、
身が痩せてしまってスカスカなのです。

「脱皮したばかりの若蟹よりも脱皮して成長した堅蟹を食べると美味しい」の続きを読む…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽天市場内でも一番人気があると言っても過言ではない、格安で味が旨い越前かに問屋ますよねのカット済生ずわいがにをお取り寄せして頂きました!
最初から蟹の爪・爪下・肩・脚をカットしてくれているので、さばく手間が省ける上に、蟹の旨味を凝縮して閉じ込めているのでかなり旨かったです!!

 

越前かに問屋ますよねは楽天市場で2009年~2012年まで4年連続でグルメ大賞を受賞しているスゴイ蟹通販です。

賞を受賞しているだけではな楽天市場では圧倒的な口コミ数を
誇っている蟹専門店でもあります。

「蟹の足とはさみがうまい、越前かに問屋ますよねが到着しました!」の続きを読む…

risotto with mushrooms and leek, selective focus

 

ホタルイカは夜に発光するのではなく昼に発光するイカだってこと、知っていましたか?
夜に光ると敵から見つけられやすいんです!

海の中に住んでいるといっても日中の場合はかすかな光が入ってくるので、ホタルイカに影ができてどこにいるか分かってしまいますよね?

光が入ってくる向きを背にしていますので、腹側にある発光器でお腹を光らせ影を消して外敵から身を守ることができるわけです。

「短時間で簡単に海鮮リゾットを作れるイカ、ホタルイカの特徴」の続きを読む…

イカ

讃岐うどん

 

ツツイカ目アカイカ科のスルメイカ・アカイカ・トビイカをご紹介していきます。

スルメイカは北海道~九州までの日本各地の沿岸付近に生息し大きさは30cmまで大きくなり、光で集めたところを一気に獲らえるスルメイカ漁や定置網・底曳網で漁獲していきます。

ちょうど麦が春から夏の間に収穫されるように、同じ時期に漁獲される小さなスルメイカはムギイカと呼ばれています。

「冷たく鮮度の良い海鮮うどんと一緒に食べる、スルメイカの特徴」の続きを読む…

イカ

焼そば

 

ツツイカ目ヤリイカ科のヤリイカ・アオリイカ・カルフォルニアヤリイカ・ケンサキイカ・ヒラケンサキイカ・ベイカ・ジンドウイカをご紹介します。

ヤリイカは北海道~鹿児島・朝鮮半島・台湾に生息し35cm~40cmまで大きくなり定置網などで漁獲されています。

「海鮮焼きそばには柔らかい身と甘みの強い旨さ!ヤリイカの特徴」の続きを読む…

イカ

カルパッチョ

 

コウイカはコウイカ目コウイカ科のイカの仲間です。
ミミイカもコウイカの仲間ですが、コウイカ目ダンゴイカ科に属するので遠い親戚となります。

コウイカ目の特徴と言えば、私たちが頭と呼んでいる銅の部分が円錐の形の様に広がっています。
よく紋甲イカをさばく際に銅の部分にまっすぐ包丁を入れたら、甲羅を取り出してはいませんか?

スーパーとかに行くとよく紋甲イカって書いてありますが、あれはカミナリイカやヨーロッパコウイカが多いですね。

「海鮮カルパッチョでコリコリ感ともっちり感を味わう、コウイカの特徴」の続きを読む…

イカ

中華やきそば

 

シャコはシャコ目シャコ科の生物で海老ではなく蟹でもない生物です。
ですが見た目が少しだけエビに似ています。

それではシャコとシャコの仲間であるトゲシャコ・シリブトシャコ・スジオシャコ・ヨーロッパシャコをご紹介していきますね。

 

シャコは函館南部以南の日本各地の水深10m~40mの浅い砂泥底に生息し大きさは約15cmあり底曳網や刺網などで漁獲されています。

「海鮮あんかけ焼きそばのパリパリ感ととろりとした味!シャコの特徴」の続きを読む…

海老

チヂミ

ガザミは他の蟹と違って遊泳しながら魚や動物プランクトンなどを食べて、水の流れに沿いながら渡っていきます。

どうして泳ぐことができるのかと言うと、第4番目の脚がひれのように平らな脚になっていて、
この脚がボートなどを漕ぐ時に必要なオールの役目をしているのです。

この脚のおかげで動かして泳ぐことができるのでワタリガニと呼ばれているわけです。

「海鮮チヂミで外はカリッと中はモッチリの食感を楽しむ、ガザミの特徴」の続きを読む…

カニ

グラタン

 

毛蟹と言うと黄色いミソが甘く美味しいですよね!
北海道でも毛蟹が一番美味しくズワイガニやタラバガニと比べると市場にはあまり出回っておらず、価格は一番高いです。

体全体が小さなブツブツとなっている顆粒と刺さると痛いとげのような毛で覆われているので毛蟹と呼ばれています。

それではクリガニ科の仲間である毛蟹とクリガニの特徴をご紹介していきます。

「上質で濃厚なカニ味噌を海鮮グラタンで味わう!毛蟹の特徴」の続きを読む…

カニ

pizza

 

ズワイガニのオスは山陰地方では松葉ガニと呼ばれ北陸地方では越前ガニと呼ばれています。
メスは北陸地方では香箱ガニセイコガニと呼ばれ、山陰地方ではこっぺ蟹親蟹とも呼ばれています。

ロシアやアメリカなどから輸入ロシアやアメリカなどから輸入されているズワイガニはオスであり、メスは国産物が多く内子が美味しいと評判ですね!!

「海鮮ピザには贅沢すぎる厚い身がぎっしり!ズワイガニの特徴」の続きを読む…

カニ