焼海苔

海苔の仲間である、ウシケノリ、スサビノリ、アサクサノリ、オニアマノリ、ウップルイノリをご紹介していきます。

ウシケノリは日本各地の潮間帯上部の波が強い場所に育ち、長さが20cm~110cmまで大きくなります。

岩に生えている様子はまるで牛の毛が生えている状態とそっくりなのでウシノケノリ(牛の毛海苔)と呼ばれています。

「旨い!ヘルシー!海鮮弁当に必須な最強食材、海苔の食べ方と栄養素」の続きを読む…

海藻

味付けもずく

もずくにはオキナワモズク、フトモズク、イシモズク、モズクがありますので、これらを分かり易くご説明していきます。

オキナワモズクは沖縄県に生息し、高さ15cm~50cm、枝の直径2mm~3mmまで成長します。

こちらは沖縄県で養殖されていて、スーパーや市場で売られているもずくは全てこのオキナワモズクであり、これが本当のもずくと言っても遜色ありません。

「知らないだけで損をしている、海鮮和食でお馴染みのもずくの特徴とは」の続きを読む…

海藻

l

本日は昆布の仲間である、真昆布、日高昆布、羅臼昆布、長昆布、利尻昆布についてご紹介していきたいと思います。

真昆布は北海道~青森県、宮城県沿岸の水深5m~10m付近の岩礁帯で育ち、高さ約3m~6m、幅が約30cm~35cm、厚さ4mm、茎の長さ約6cm~13cmまで成長します。

寿命が2年間しかなく、私たちが食べている真昆布は2年目になります。

「和食グルメにはまずコレがないと始まらない、昆布の食べ方と栄養素」の続きを読む…

海藻

らーめん

海ぶどうの特徴は姿かたちからしてキャビアにも同じ様に見えるので、グリーンキャビアとも呼ばれています。

沖縄県に生息し、高さ6cm~15cm、茎の長さ20cm~50cm、直径1mm~2mmの丸い実がぶどうのように形作られています。

色は薄めの緑色で宝石のように艶があり綺麗です。

「ビールやお酒のつまみによく合う海鮮ラーメンはこれ。海ぶどうの特徴」の続きを読む…

海藻

ひじき

ひじきには、ホンダワラという仲間がいるので順を追ってご説明していきます。

まずヒジキですが、日本各地の潮間帯に生息し大きさは40cm~100cmまで成長します。春の引き潮の際に人の手によって収穫されますが養殖は行われていません。

千葉県にあるヒジキはやんわりとした柔らかさがあり美味しいです。
質が柔らかい分、料理がしやすく味が旨く人気もありますよ!

「海鮮おかずにするならコレだけは外せない、ひじきの特徴。」の続きを読む…

海藻

アーサ汁

アオサの仲間である、アナアオサ、スジアオノリ、ウスバアオノリ、ヒトエグサをご紹介していきます。

アナアオサは日本全国各地の潮間帯に生息し、全長6cm~15cmまであります。

画像を見てもらえると分かりますが、特徴としては少し硬い緑色の葉をしています。
以前から長崎県ではしきりに食べられていた海藻でした。

「海鮮味噌汁を食べてみたい!知ると得した気分になるアオサの特徴」の続きを読む…

海藻

ところてん

テングサと言えばところてんをイメージする方は多いと思います。
だけどそれ以外に食べ方が思いつかないですよね?

一見いらない食材と思いがちですが、ダイエット向きのデザートってことは知っていましたか?
すっごく低カロリーなのに食物繊維もたっぷり入っているので、嫌でも痩せちゃう食材なんです!

栄養素としては、カルシウム、リン、鉄分、ナトリウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンCを含有しています。

「海鮮デザートと言えばところてんや寒天が美味しい、テングサの特徴」の続きを読む…

海藻

ワカメサラダ

今日はわかめの仲間である、わかめ、チガイソ、アオワカメ、ヒロメをご説明していきます。

 

わかめは太平洋岸は室蘭以南~九州までの日本各地に生息し、高さ約60cm~150cm、茎の長さは約15cm~50cmまで成長します。

わかめにはめかぶがありますが、これはワカメの耳とも呼ばれています。
この部分は根っこに近い場所で生まれたばかりの葉っぱが成長していく場所でもあります。

「知ってて得する海鮮サラダの定番中のド定番、わかめの食べ方と栄養素」の続きを読む…

海藻