三崎 まぐろソースかつ丼

ビンナガ・ミナミマグロ・メバチ以外にもマグロの仲間であるキハダマグロ・コシナガ・タイセイヨウマグロがいますのでご説明させて頂きます。

キハダマグロは日本近海にある島や岩礁付近に生息し、大きさは2mあり、釣り・巻き網・延縄などで漁獲されています。

味は脂肪が少なくさっぱりとした味をし、春から夏にかけて赤みがあっさりとしていて美味しいです。
西日本が産地となっていて夏が旬となっています。
食べ方は寿司・刺身・酢味噌・角煮などで食べられています。

「海鮮かつ丼でお腹いっぱいになる!マグロの保存方法と解凍方法」の続きを読む…

マグロを切る

今回はマグロ漬けの作り方です。

まずお刺身用のマグロ・お醤油大さじ6杯・日本酒大さじ4杯・みりん大さじ4杯・小ねぎ2本・わさび少々を用意してください。

マグロの漬け汁を作りますので小鍋にお醤油・日本酒・みりんを入れて火をつけてください
沸騰してきたら火を止めてください。
冷めるまで待ち、冷めたらボールに移し替えてください。

「海鮮デカ盛り丼はもうコレしかない、マグロの漬け丼の作り方。」の続きを読む…

まぐろの漬け丼

マグロの漬け丼を食べていると妙にこの独特の赤みの身が気になって仕方がありません。
他の魚でこんなに赤々しいのはカツオくらいしか知りません。

何故赤みの身になるんでしょうか?

それはこの赤い身は筋肉でできていてエネルギーを変える代謝に必要な酸素を運んでくれるミオグロビンの色が赤色だからです!
しかも持続性のある泳ぎができるようになると言われています。

「海鮮漬け丼でより美味しさを引き出す、マグロの食べ方と栄養素」の続きを読む…