焼き魚ホッケ

北海道の魚と言えばホッケというイメージがありますね。
このホッケという名前は北方の魚という意味があり、北方をホッケと呼ぶからホッケと言う名前がつきました。

幼魚をアオボッケ、1年魚をロウソクホッケ、春の季節になると群れを作るハルボッケ、大きい体をした岩礁の根につくネボッケと言う風に分けられています。

昔は大衆向けの誰でも食べられる安値の魚でしたが、現在では獲る魚の量が減ってしまい値段も高くなってしまいました。

「海鮮干物の抜群の脂ノリと肉厚さがヤバイ!ホッケの食べ方と栄養素」の続きを読む…