1hamaguri

写真の様にジュワジュワーのホックホックではまぐりを焼いてみましょう!

はまぐりを焼く前に砂抜きをしてください。
ハマグリの砂抜きの仕方はアサリの砂抜きと同じ要領でやって下さい。
(アサリの砂抜きはこちらへ)

砂抜きができましたら、ハマグリを剥いて下さい。
(ハマグリのむき方はこちらへ)
はまぐりは完全に殻から身を出さないで、両方の貝柱を切っておくだけでいいです。
焼き終わった時にすぐに取り出せるようにできればOKです。

 

「海鮮バーベーキューで食べたい!焼いたハマグリは想像を超える旨さ!」の続きを読む…

DSCF1171

ハマグリ以外にチョウセンハマグリとシナハマグリ・タイワンハマグリがあります。

チョウセンハマグリは九十九里浜・湘南海岸・日南海岸などが産地であり、この貝が九十九里浜のハマグリと呼ばれています。
チョウセンハマグリが「チョウセン」と呼ばれる理由は朝鮮半島の意味ではなく、エキゾチックという意味で呼ばれています。

このチョウセンハマグリは殻が厚く寿命が7年間生きられ、身が少し硬く味は美味しいです。
ハマグリの代わりとされてきたのですが、残念な事に獲るのが難しくなってきました。

「海鮮ペペロンチーノに良く合うハマグリのむき方。」の続きを読む…

きのこの炊き込みご飯

海鮮海鮮炊き込みご飯をするならハマグリを入れるのがおススメ!
はまぐりは身がプリプリなので、炊き込みご飯に入れると臭いと味がたまらなくジューシーになりますね!

ハマグリは夏に産卵をし春の間に栄養を蓄えているので、ちょうど3月~6月までが旬です。
しかし冬の間に栄養を蓄えておくので冬の間も食べ頃になります。

何故ハマグリと呼ばれているのか知っていますか?
栗に似ていて「浜」にあるので『ハマグリ』と呼ばれるようになりました。
「ぐり」は石の事で石が砂の中にある事から『ハマグリ』とも呼ばれています。

 

「海鮮炊き込みご飯にピッタリ!アサリよりもタウリンが多いハマグリ」の続きを読む…