塩焼き

皮が厚くザラザラとして硬いので、それを剥いでから調理をするのでカワハギと呼ばれています。
関西ではハゲと呼ばれ、皮を剥いで身ぐるみが剥がれると連想されるのでバクチウチとも呼ばれています。

カワハギの仲間にはウマヅラハギ・ウスバハギ・アミモンガラ・ゴマモンガラがいますのでご紹介していきます。

「海鮮串焼きを大人の雰囲気で楽しむ、カワハギの食べ方と栄養素」の続きを読む…

干物の網焼き

カマスはそんなに大きくない魚のくせにかなり獰猛で凶暴な魚です。
カマスは鋭い歯をギラつかせながら小魚の群れを追いつめて何匹も食べていきます。

ある意味でサメよりも怖いと恐れられています。

物をいれるための叺(カマス)の口は大きく、この魚の口も同じくらい大きいのでカマスと名付けられました。
カマスの大きな口はエサを飲み込むためにあるとも言われています。

カマスはアカカマス・ヤマトカマス・モトカマス・オニカマスに分けられていますのでご説明していきます。

「海鮮BBQで焼いて旨さを引き出す、カマスの食べ方と栄養素」の続きを読む…

カジキのバター焼き

カジキの上顎には鋭い槍のようになっていて、これで分厚い船板を突き通したり、船の内部まで突き破るので梶木通しと呼ばれています。

よくカジキはカジキマグロと呼ばれ、マグロの代わりとして食べられていますが、実際にはマグロの仲間ではありません。

縄文時代の貝塚にはカジキも食べられていたことから、カジキは日本人たちから愛されている魚でもあります。

「海鮮バター焼きでカリッと香ばしく味付ける、カジキの食べ方と栄養素」の続きを読む…

filetti di pesce con verdure

口ばかりで全く実行に移さない人の事を、「磯のカサゴは口ばかり」と言いますが、カサゴは頭が大きいので食べれる所が少ないという事から由来しています。

痘痕(あばた)のようにできものができているように見えるので瘡子(かさご)と名付けられた説があり、背びれのトゲが出ていてこれが傘のように見えるために笠子(かさご)と言うようになったという説もあります。

カサゴは見た目がものすごく悪く気持ち悪いですが、食べるとすごく美味しい白身の魚です。

「海鮮ムニエルでふっくらジューシーに作る、カサゴの食べ方と栄養素」の続きを読む…

焼き鳥とビールと枝豆
イボダイを漢字にすると疣鯛と書きますが、実際は鯛の仲間ではありません。
イボダイは胸びれの下の方に小さなイボがあるのでイボダイと呼ばれるようになりました。

東京の人はイボをエボと訛って言うのでエボダイとも呼ばれています。

この魚の鱗は剥がれやすいので、体の表面がぬめっとして粘液を出します。
生きている時は粘液が常に出ていますので、死んでからも粘液が出ていると新鮮なイボダイという事になります。

「海鮮つまみにすると食べ応えがある、イボダイの食べ方と栄養素」の続きを読む…

Noodle Bowl

イサキは幼魚の頃の模様が体が避けたように見えるのでイサキと呼ばれています。

イサキの旬は6月~8月までの夏の間と12月~2月までの冬の間で、この時期が一番脂がのっていて美味しいです。

イサキとイサキの仲間であるコウショウダイ・ヒゲダイ・ホシミゾイサキ・アジアコショウダイ・アヤコショウダイをご紹介していきます。

「海鮮タンメンで磯の香りを味わいたい、イサキの食べ方と栄養素」の続きを読む…

あんこうなべ

アンコウは鯛と同じくらい捨てるところがないと言われています。

アンコウをさばくとき、グニャグニャでブヨブヨのアンコウの体表にはぬめりがあるので、まな板の上では包丁を入れることができません。

そこで考えられたのは吊るし切りと呼ばれるさばき方です。

 

アンコウの下アゴに大き目のフックをかけて、そこから縄を通してアンコウを吊るした状態で切ります。
アンコウの口にペットボトル3本分の水を流し込み、これを重しの代わりとして下顎を下の方へと切ると全部の皮がめくれるようになります。
「海鮮汁を食べると肌が美しくなる、アンコウの食べ方と栄養素」の続きを読む…

アナゴ

アナゴには人間と同じ視覚・味覚・触覚・嗅覚・聴覚があります。
触覚は分かるとして、あとの4つの機能はどうなっているんでしょうか?

魚の味覚と言うのは唇・ひげ・口内・皮膚を使う事によって、甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさを感じ取ることができます。

人間の場合は舌で味覚を感じとりますが、魚にとっては舌は食べた物を食道に送るためにあるもので味をあまり感じ取れません。

「海鮮にぎりでふわトロの食感が口に広がる!アナゴの食べ方と栄養素」の続きを読む…

焼き魚ホッケ

北海道の魚と言えばホッケというイメージがありますね。
このホッケという名前は北方の魚という意味があり、北方をホッケと呼ぶからホッケと言う名前がつきました。

幼魚をアオボッケ、1年魚をロウソクホッケ、春の季節になると群れを作るハルボッケ、大きい体をした岩礁の根につくネボッケと言う風に分けられています。

昔は大衆向けの誰でも食べられる安値の魚でしたが、現在では獲る魚の量が減ってしまい値段も高くなってしまいました。

「海鮮干物の抜群の脂ノリと肉厚さがヤバイ!ホッケの食べ方と栄養素」の続きを読む…

海鮮巻き

鮭は臭いを嗅ぐことができるのは知っていますか?
生き物なんだから当たり前だろ?って言う声が聞こえてきそうですが、確かに魚は嗅覚を持っています。

それでは自分の生まれた故郷の臭いを覚えていて死ぬ前にはその故郷に必ず帰るっていうのはどうでしょうか?

鮭は卵から孵化をし稚魚となって北太平洋を3年半回遊をし、嗅覚によって自分が生まれた川へ戻ってくるのです。

「海鮮巻きに使うと旨味が濃厚で美味しい!鮭の食べ方と栄養素」の続きを読む…