旨い!ヘルシー!海鮮弁当に必須な最強食材、海苔の食べ方と栄養素

海苔の仲間である、ウシケノリ、スサビノリ、アサクサノリ、オニアマノリ、ウップルイノリをご紹介していきます。 ウシケノリは日本各地の潮間帯上部の波が強い場所に育ち、長さが20cm~110cmまで大きくなります。 岩に生えて ‥‥

知らないだけで損をしている、海鮮和食でお馴染みのもずくの特徴とは

もずくにはオキナワモズク、フトモズク、イシモズク、モズクがありますので、これらを分かり易くご説明していきます。 オキナワモズクは沖縄県に生息し、高さ15cm~50cm、枝の直径2mm~3mmまで成長します。 こちらは沖縄 ‥‥

和食グルメにはまずコレがないと始まらない、昆布の食べ方と栄養素

本日は昆布の仲間である、真昆布、日高昆布、羅臼昆布、長昆布、利尻昆布についてご紹介していきたいと思います。 真昆布は北海道~青森県、宮城県沿岸の水深5m~10m付近の岩礁帯で育ち、高さ約3m~6m、幅が約30cm~35c ‥‥

ビールやお酒のつまみによく合う海鮮ラーメンはこれ。海ぶどうの特徴

海ぶどうの特徴は姿かたちからしてキャビアにも同じ様に見えるので、グリーンキャビアとも呼ばれています。 沖縄県に生息し、高さ6cm~15cm、茎の長さ20cm~50cm、直径1mm~2mmの丸い実がぶどうのように形作られて ‥‥

海鮮おかずにするならコレだけは外せない、ひじきの特徴。

ひじきには、ホンダワラという仲間がいるので順を追ってご説明していきます。 まずヒジキですが、日本各地の潮間帯に生息し大きさは40cm~100cmまで成長します。春の引き潮の際に人の手によって収穫されますが養殖は行われてい ‥‥

知ってて得する海鮮サラダの定番中のド定番、わかめの食べ方と栄養素

今日はわかめの仲間である、わかめ、チガイソ、アオワカメ、ヒロメをご説明していきます。   わかめは太平洋岸は室蘭以南~九州までの日本各地に生息し、高さ約60cm~150cm、茎の長さは約15cm~50cmまで成 ‥‥

海鮮クッパに甘みのある汁がほしい。ホッキ貝の食べ方と栄養素

今回はホッキ貝、シオフキ、ミルクイについてご紹介していきます。 ホッキ貝は宮城県以北~北海道の浅い海に生息し、殻の長さが約11cm、殻の高さが約9cm、殻の幅が約7cmほどあり、主な漁獲方法は貝桁網です。 他の二枚貝と比 ‥‥

海鮮ブイヤベースに磯の香りを詰め込む、バカガイの特徴

バカガイという名前よりも通称アオヤギとして親しまれてきました。 何故アオヤギと呼ばれるようになったのか? 上総青柳村と言う場所でよく獲れていたのでアオヤギと名づけられたからです。 それでは何故バカガイと呼ばれているのでし ‥‥

海鮮フォーで貝の旨味を上手に引き出す、エゾボラの特徴

今回は、エゾボラ、ヒメエゾボラ、チヂミエゾボラ、バイ、エッチュウバイ、オオエッチュウバイについてご紹介していきます。 エゾボラは北海道北部~オホーツク海、ベーリング海の水深100m~200mに生息し殻の高さが15cm~1 ‥‥

海鮮パエリアで魚介類の旨味を閉じ込める!ムール貝の食べ方と栄養素

パエリアと言えばムール貝ですが、フランス人がよ~くお召し上がりになっていますよね。 フランスにしかないと思われるかもしれませんが、実は日本でも漁獲されています。 ムール貝は最も毒性を持っている二枚貝です。 貝と言う貝は全 ‥‥

海鮮カルパッチョでコリコリ感ともっちり感を味わう、コウイカの特徴

  コウイカはコウイカ目コウイカ科のイカの仲間です。 ミミイカもコウイカの仲間ですが、コウイカ目ダンゴイカ科に属するので遠い親戚となります。 コウイカ目の特徴と言えば、私たちが頭と呼んでいる銅の部分が円錐の形の ‥‥

上質で濃厚なカニ味噌を海鮮グラタンで味わう!毛蟹の特徴

  毛蟹と言うと黄色いミソが甘く美味しいですよね! 北海道でも毛蟹が一番美味しくズワイガニやタラバガニと比べると市場にはあまり出回っておらず、価格は一番高いです。 体全体が小さなブツブツとなっている顆粒と刺さる ‥‥

海鮮ピザには贅沢すぎる厚い身がぎっしり!ズワイガニの特徴

  ズワイガニのオスは山陰地方では松葉ガニと呼ばれ北陸地方では越前ガニと呼ばれています。 メスは北陸地方では香箱ガニ・セイコガニと呼ばれ、山陰地方ではこっぺ蟹・親蟹とも呼ばれています。 ロシアやアメリカなどから ‥‥

海鮮天津飯でボリュームのあるジューシーな旨さ、タラバガニの特徴

  どうしてタラバガニと呼ばれているか知っていますか? それは明治時代に鱈漁場の船員が仕事をしている間にダラダラと怠けて遊んで海の中に網を沈ませました。 この時、いつもとは違う見たことがない大きなどでかい蟹が引 ‥‥

海鮮おせち料理にはプリプリで濃厚な味、ボタンエビの特徴

甘えびと同じタラバエビ科の仲間としてボタンエビがいます。 タラバエビ科の仲間であるボタンエビ・トヤマエビ・ホッカイエビ・モロトゲアカエビ・スナエビの特徴をご紹介していきます。 ボタンエビは北海道内浦湾~土佐湾までの水深4 ‥‥