海鮮料理 激ウマ!あんこうの美味しい7のレシピ

アンコウと言えば、夏ではなく冬物の食べ物ですが、 夏に鍋を食べるのも意外と美味しいって知っていましたか? こんにちはー!アキトキミです。 冬前になると美味しいアンコウが食べたくなりますが、 値段がものすごく高いので一般庶 ‥‥

父の日に海鮮珍味のプレゼントもアリ!?酒の肴にもピッタリです!

「父の日に、海鮮珍味のプレゼントなんてアリですか!?」 答えは、「アリでしょ!!」 珍味というわけで、本日は、北釧水産“厳選酒の肴4種”釧路おが和の生珍味のご紹介です。

海鮮おかず 海老を使ってお手軽にできちゃう激ウマ10レシピ

  アキトキミが本当に作って美味しいと思った海老レシピをご紹介します。 海老と言えば、誰もが好きな海鮮でもあります。 特に女性は海老が嫌い!なんていう人は、いないんじゃないでしょうか? そんなことを言う私も海老 ‥‥

旨い!ヘルシー!海鮮弁当に必須な最強食材、海苔の食べ方と栄養素

海苔の仲間である、ウシケノリ、スサビノリ、アサクサノリ、オニアマノリ、ウップルイノリをご紹介していきます。 ウシケノリは日本各地の潮間帯上部の波が強い場所に育ち、長さが20cm~110cmまで大きくなります。 岩に生えて ‥‥

知らないだけで損をしている、海鮮和食でお馴染みのもずくの特徴とは

もずくにはオキナワモズク、フトモズク、イシモズク、モズクがありますので、これらを分かり易くご説明していきます。 オキナワモズクは沖縄県に生息し、高さ15cm~50cm、枝の直径2mm~3mmまで成長します。 こちらは沖縄 ‥‥

海鮮おかずにするならコレだけは外せない、ひじきの特徴。

ひじきには、ホンダワラという仲間がいるので順を追ってご説明していきます。 まずヒジキですが、日本各地の潮間帯に生息し大きさは40cm~100cmまで成長します。春の引き潮の際に人の手によって収穫されますが養殖は行われてい ‥‥

海鮮味噌汁を食べてみたい!知ると得した気分になるアオサの特徴

アオサの仲間である、アナアオサ、スジアオノリ、ウスバアオノリ、ヒトエグサをご紹介していきます。 アナアオサは日本全国各地の潮間帯に生息し、全長6cm~15cmまであります。 画像を見てもらえると分かりますが、特徴としては ‥‥

海鮮デザートと言えばところてんや寒天が美味しい、テングサの特徴

テングサと言えばところてんをイメージする方は多いと思います。 だけどそれ以外に食べ方が思いつかないですよね? 一見いらない食材と思いがちですが、ダイエット向きのデザートってことは知っていましたか? すっごく低カロリーなの ‥‥

知ってて得する海鮮サラダの定番中のド定番、わかめの食べ方と栄養素

今日はわかめの仲間である、わかめ、チガイソ、アオワカメ、ヒロメをご説明していきます。   わかめは太平洋岸は室蘭以南~九州までの日本各地に生息し、高さ約60cm~150cm、茎の長さは約15cm~50cmまで成 ‥‥

海鮮焼うどんのソースと貝類の味が見事に絡み合う!赤貝の特徴

何故アカガイと呼ばれているのか、皆さん聞きたくないですか? 見た限りでは、身が赤っぽい色をしていますよね? これはアカガイの血液にヘモグロビンが多く含まれているため赤く見えるようになり、さばくときに赤色の血が流れるから、 ‥‥

海鮮クッパに甘みのある汁がほしい。ホッキ貝の食べ方と栄養素

今回はホッキ貝、シオフキ、ミルクイについてご紹介していきます。 ホッキ貝は宮城県以北~北海道の浅い海に生息し、殻の長さが約11cm、殻の高さが約9cm、殻の幅が約7cmほどあり、主な漁獲方法は貝桁網です。 他の二枚貝と比 ‥‥

海鮮ブイヤベースに磯の香りを詰め込む、バカガイの特徴

バカガイという名前よりも通称アオヤギとして親しまれてきました。 何故アオヤギと呼ばれるようになったのか? 上総青柳村と言う場所でよく獲れていたのでアオヤギと名づけられたからです。 それでは何故バカガイと呼ばれているのでし ‥‥

海鮮フォーで貝の旨味を上手に引き出す、エゾボラの特徴

今回は、エゾボラ、ヒメエゾボラ、チヂミエゾボラ、バイ、エッチュウバイ、オオエッチュウバイについてご紹介していきます。 エゾボラは北海道北部~オホーツク海、ベーリング海の水深100m~200mに生息し殻の高さが15cm~1 ‥‥

海鮮パエリアで魚介類の旨味を閉じ込める!ムール貝の食べ方と栄養素

パエリアと言えばムール貝ですが、フランス人がよ~くお召し上がりになっていますよね。 フランスにしかないと思われるかもしれませんが、実は日本でも漁獲されています。 ムール貝は最も毒性を持っている二枚貝です。 貝と言う貝は全 ‥‥

海鮮おでんは関西風のおだしで旨味を感じる、マダコの特徴

  今日はマダコ、 イイダコ、ミズダコ、ヤナギダコの特徴についてご説明していきます。 まずはマダコですが、本州北部以南の三陸、北陸、四国、九州~世界中の暖海域の砂れきや砂泥底に生息し、大きさが約45cm~90c ‥‥