チゲ

 

メバルは漢字で眼張と書きますのでその名前の通り、目が飛び出ている高級魚です。

特徴として目がかなり大きく視力が良いので、その日に釣りをするとあっさりと逃げられてしまします。
曇った日や潮が汚れている時には釣りやすい魚だと言われています。

また春に船釣りがメバルから始まるので『春告げ魚』とも呼ばれています。

 

「海鮮チゲ鍋をマイルドな味に仕上げる、メバルの食べ方と栄養素」の続きを読む…

Nachos

 

メジナは目が口に近いところにあるので目近魚(メジナ)と呼ばれていますが、この呼び名は関東で呼ばれていて関西ではグレと呼ばれています。

メジナとメジナの仲間であるクロメジナとオキナメジナをご紹介していきます。

メジナは北海道南部~東シナ海・台湾にかけての沿岸岩礁域に生息し大きさが40cm~45cmあり主に磯釣りとして漁獲されています。

「海鮮トルティーヤで脂がのった味をはさむ、メジナの食べ方と栄養素」の続きを読む…

Cabbage roll with tomato sauce

 

ムツは幼魚の時から脂があってかなり美味しいので「むつっこい」と言われていて、そこから転じてムツと呼ばれるようになりました。

それではムツとムツの仲間であるクロムツをご紹介していきます。

 

ムツは本州中部以南の沿岸にある500m以下の岩礁域に生息し大きさが130cm以上もあり、定置網や底曳網などで漁獲されています。

「海鮮ロールキャベツにはヘルシーな魚が合う、ムツの食べ方と栄養素」の続きを読む…

トマト鍋

 

ボラは姿かたちがトビウオに似ている魚です。
羽の役割をしている胸びれがないだけで本当にトビウオにそっくりです。

そんなボラは出世魚であり生まれてから体長6cmくらいのものをオボコと呼んでいます。
夏になると川から淡水の池に入り込み活発に泳ぎ、秋になると20cm以上大きくなります。
この頃のボラをイナと呼んでいます。

川から海に入ったボラは冬の間は深く海底に潜りますが、春になると浅い方にやってきて体長が30cm以上になり、目のあたりに瞼もできていく頃にボラと呼ばれるようになります。

 

「海鮮トマト鍋は冬に食べると旨さが増す、ボラの食べ方と栄養素」の続きを読む…

春巻き

 

ベラ科の魚は人間と同じく夜の間、砂泥底や海底の砂の中に潜って眠っていますが、眠るときだけではなく敵が現れたときや驚いた時にも砂の中に潜ってしまいます。

ベラが眠る時間と起きる時間はかなり正確であり、日没と日の出になると同時に眠ったり起きたりします。

またベラは冬眠をする魚ですので12月頃になると食欲がなくなってきて砂の中に潜ってしまいます。
冬の間は水温が低いので冬眠をして冬を越し、春になると暖かくなり昼間の間に泳いだりして、もっと暖かくなると海の中を活発に遊泳するようになります。

「海鮮春巻きの具材に入れたらほんのり甘い、ベラの食べ方と栄養素」の続きを読む…

ふぐ

 

フグは美味しい!でもさばき方を知らないド素人がさばくとフグの毒で死んでしまいます!!

フグの毒はテトロドトキシンと言われておりますがフグを食べて死ぬ確率ってどの位でしょうか?

フグによる食中毒は毎年約40件は発生しており、このうち約50人がフグ中毒になり5人~7人がお亡くなりになっています。

 

ざっと単純計算ですが約10分の1の確率で死んでしまうということになりますね。

 

これを低い確率か高い確率として見るのかは受け取り手次第ですが、私個人の意見としては結構多く感じています。

 

「海鮮鍋で歯ごたえのある上品さな味を味わう、フグの食べ方と栄養素」の続きを読む…

フグ

鯵の開き

ヒイラギの背びれ・腹びれ・尻尾の先のとげが硬く触るとかなり痛いので柊の葉っぱに似ているため、ヒイラギと呼ばれれるようになりました。

 

また釣りたての時は体の表面が非常にぬるぬるして粘液がいっぱい出ています。

 

食堂の周りには発光器を持っているので、お腹のあたりが光りこの光を使って体全体をぼかして天敵から逃げたり、仲間に対してコミュニケーションを取りメスに対して求愛行動を出したりしています。

 

「海鮮干物でシンプルに独特な旨味を感じる、ヒイラギの食べ方と栄養素」の続きを読む…

鱧ちり料理

アナゴによく似ていますが少し違うのはアナゴの歯が小さいのに対してハモの歯は大きくて鋭いです。
体を切り取って頭だけにしても噛みついたりしますので、そこから『食む(はむ)』が転じてハモになりました。

 

「海鮮ちり鍋にすれば上品で味わい深い旨さ、ハモの食べ方と栄養素」の続きを読む…

焼魚

ハタハタは雷が鳴る頃に獲れる魚なので雷魚とも呼ばれています。

何故雷が鳴るときにしか獲れないのかというと、12月頃、ハタハタは産卵をするために沿岸の海藻がある場所に卵を産み付けていくからです。

そこを漁師の方々は漁獲していくんですが日本海周辺は雷が鳴ったりアラレが降ったりひどい天気になってしまいます。

 

「海鮮南蛮漬けの癖になる美味しさ、ハタハタの食べ方と栄養素」の続きを読む…

Shrimp tempura bowl

ハゼは砂泥底にあるサンゴの死骸を食べ、砂を口に含みえらぶたを開けてえらぶたの間から砂を海中にまき散らします。

この砂泥底で砂になっているのはサンゴの死骸であり、そこにはゴカイ類・エビ類・カニ類があるのでハゼはそれらを食べているんです。

そのせいか、ハゼは砂を食べるのが大好きな魚として有名になってしまいました。

エサと砂を選り分けてえらぶたの隙間から砂を吐き出しています。

 

「海鮮天丼にしてみたら好評だった!ハゼの食べ方と栄養素」の続きを読む…