中華やきそば

 

シャコはシャコ目シャコ科の生物で海老ではなく蟹でもない生物です。
ですが見た目が少しだけエビに似ています。

それではシャコとシャコの仲間であるトゲシャコ・シリブトシャコ・スジオシャコ・ヨーロッパシャコをご紹介していきますね。

 

シャコは函館南部以南の日本各地の水深10m~40mの浅い砂泥底に生息し大きさは約15cmあり底曳網や刺網などで漁獲されています。

「海鮮あんかけ焼きそばのパリパリ感ととろりとした味!シャコの特徴」の続きを読む…

海老

チヂミ

ガザミは他の蟹と違って遊泳しながら魚や動物プランクトンなどを食べて、水の流れに沿いながら渡っていきます。

どうして泳ぐことができるのかと言うと、第4番目の脚がひれのように平らな脚になっていて、
この脚がボートなどを漕ぐ時に必要なオールの役目をしているのです。

この脚のおかげで動かして泳ぐことができるのでワタリガニと呼ばれているわけです。

「海鮮チヂミで外はカリッと中はモッチリの食感を楽しむ、ガザミの特徴」の続きを読む…

カニ

pizza

 

ズワイガニのオスは山陰地方では松葉ガニと呼ばれ北陸地方では越前ガニと呼ばれています。
メスは北陸地方では香箱ガニセイコガニと呼ばれ、山陰地方ではこっぺ蟹親蟹とも呼ばれています。

ロシアやアメリカなどから輸入ロシアやアメリカなどから輸入されているズワイガニはオスであり、メスは国産物が多く内子が美味しいと評判ですね!!

「海鮮ピザには贅沢すぎる厚い身がぎっしり!ズワイガニの特徴」の続きを読む…

カニ

天津丼

 

どうしてタラバガニと呼ばれているか知っていますか?

それは明治時代に鱈漁場の船員が仕事をしている間にダラダラと怠けて遊んで海の中に網を沈ませました。
この時、いつもとは違う見たことがない大きなどでかい蟹が引っかかっていました。

これが鱈場蟹(タラバガニ)と呼ばれるようになったと言われていますね。

「海鮮天津飯でボリュームのあるジューシーな旨さ、タラバガニの特徴」の続きを読む…

カニ

おせち料理

甘えびと同じタラバエビ科の仲間としてボタンエビがいます。

タラバエビ科の仲間であるボタンエビ・トヤマエビ・ホッカイエビ・モロトゲアカエビ・スナエビの特徴をご紹介していきます。

ボタンエビは北海道内浦湾~土佐湾までの水深400m~500mまでの砂泥底に生息し大きさが20cmあります。

「海鮮おせち料理にはプリプリで濃厚な味、ボタンエビの特徴」の続きを読む…

海老

お好み焼

 

クルマエビが産卵して卵を抱くことはなく遊泳しながら産み離して完全に育児放棄をしてしまうのに対して、サクラエビが属しているコエビ類は全て卵をお腹に抱えて孵化するまで守ってくれます。

コエビ類に属しているサクラエビ・アキアミ・シラエビ・ナンキョクオキアミの特徴をご紹介していきます。

「海鮮お好み焼きで豊富なカルシウムが取れる、桜えびの食べ方と特徴」の続きを読む…

海老

鉄板焼きそば

 

芝エビは昔東京の芝浦で大量に漁獲されていたことから由来してシバエビと名づけられました。
地方によっては触角が赤いのでアカヒゲとも呼ばれています。

芝エビと芝エビの仲間であるコウライエビ・ヨシエビ・アカエビ・クマエビ・サルエビ・ブラックタイガーの特徴をご紹介していきます。

「海鮮炒めでジューシーに香ばしく味をつける、芝エビの食べ方と特徴」の続きを読む…

海老

Thai style food Red curry cook with fish

 

ムツは脂っこい魚なので「むつっこい」と呼ばれていましたが、この魚も脂が乗って美味しい魚でいて赤い色をしているので『アカムツ』と関東地方では呼ばれています。

また口の中が真っ黒いので『のどくろ』とも呼ばれています。

ムツとアカムツは一緒じゃないか!という声が聞こえてきそうですが、種類で言うとムツはムツ科の仲間でありアカムツはホタルジャコ科の魚で全く別の魚ですので、仲間でもなく遠縁の親戚でもありません。

「海鮮スープカレーにすると甘みととろける味がたまらない!アカムツの食べ方」の続きを読む…

tempura

 

江戸時代に霞ヶ浦の者が将軍にワカサギを献上したところ、とっても気に入られたので公魚(ワカサギ)と書かれるようになりました。

体の体格や胸びれ・腹びれ・背びれ・尾びれの位置もアユに似ていて、背びれと尾びれの間に脂びれがあるところもアユに似ています。
ただ違うところはアユよりも体全体が細く背側に黄色い筋が通っているところです。

「海鮮天丼で繊細な食感が口の中でとろける、ワカサギの食べ方と栄養素」の続きを読む…

rolled sushi

 

メヒカリは深海魚であり深海魚特有の大きく青い目を持っていることからメヒカリと呼ばれるようになりました。

メヒカリとメヒカリの仲間であるマエソ・トカゲエソ・オキエソ・ヒメをご紹介していきます。

生息地は関東地方~東シナ海の水深300m~500mの大陸棚に分布し、大きさは20cmあり、底曳網で漁獲されています。

肛門の周辺にはバクテリアが共存し発光しています。

「海鮮巻き寿司の口の中でほどける味、メヒカリの食べ方と栄養素」の続きを読む…