トマト鍋

 

ボラは姿かたちがトビウオに似ている魚です。
羽の役割をしている胸びれがないだけで本当にトビウオにそっくりです。

そんなボラは出世魚であり生まれてから体長6cmくらいのものをオボコと呼んでいます。
夏になると川から淡水の池に入り込み活発に泳ぎ、秋になると20cm以上大きくなります。
この頃のボラをイナと呼んでいます。

川から海に入ったボラは冬の間は深く海底に潜りますが、春になると浅い方にやってきて体長が30cm以上になり、目のあたりに瞼もできていく頃にボラと呼ばれるようになります。

 

「海鮮トマト鍋は冬に食べると旨さが増す、ボラの食べ方と栄養素」の続きを読む…