海鮮ひつまぶしで味わうトロける美味さ、ウナギの食べ方と栄養素

土用丑の日は何故ウナギを食べるのか知っていますか? 平賀源内が行きつけの鰻屋さんでウナギを食べていると、店の御主人が、「ウナギが売れないのはこの暑さのせいだ!」と言って嘆いていました。 そこへ平賀源内がいきなり「今日は土 ‥‥

海鮮スンドゥブならコクのある辛さを楽める、エイの食べ方と栄養素

エイの中で最も食べられているエイはアカエイであり、長い尻尾は尾ひれになります。 この尾ひれには毒がついたトゲが生えています。 トゲに刺さると異常なくらいの痛みと呼吸ができなくなったり、吐き気を伴う以外に全身がしびれて死ん ‥‥

海鮮つまみにすると食べ応えがある、イボダイの食べ方と栄養素

イボダイを漢字にすると疣鯛と書きますが、実際は鯛の仲間ではありません。 イボダイは胸びれの下の方に小さなイボがあるのでイボダイと呼ばれるようになりました。 東京の人はイボをエボと訛って言うのでエボダイとも呼ばれています。 ‥‥

海鮮高級レストラン向きなの?イトヨリダイの食べ方と栄養素

  イトヨリダイは高級魚の一つです。 一般のレストランや回転寿司などでは手に入ることができない程、値段が高い魚です。 関西ではお祝い事があると食べられている魚で、体の色が赤い色をして尻尾の先端が糸の様に伸びてい ‥‥

海鮮タンメンで磯の香りを味わいたい、イサキの食べ方と栄養素

イサキは幼魚の頃の模様が体が避けたように見えるのでイサキと呼ばれています。 イサキの旬は6月~8月までの夏の間と12月~2月までの冬の間で、この時期が一番脂がのっていて美味しいです。 イサキとイサキの仲間であるコウショウ ‥‥

海鮮汁を食べると肌が美しくなる、アンコウの食べ方と栄養素

アンコウは鯛と同じくらい捨てるところがないと言われています。 アンコウをさばくとき、グニャグニャでブヨブヨのアンコウの体表にはぬめりがあるので、まな板の上では包丁を入れることができません。 そこで考えられたのは吊るし切り ‥‥

海鮮にぎりでふわトロの食感が口に広がる!アナゴの食べ方と栄養素

アナゴには人間と同じ視覚・味覚・触覚・嗅覚・聴覚があります。 触覚は分かるとして、あとの4つの機能はどうなっているんでしょうか? 魚の味覚と言うのは唇・ひげ・口内・皮膚を使う事によって、甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさを感じ取 ‥‥

海鮮干物の抜群の脂ノリと肉厚さがヤバイ!ホッケの食べ方と栄養素

北海道の魚と言えばホッケというイメージがありますね。 このホッケという名前は北方の魚という意味があり、北方をホッケと呼ぶからホッケと言う名前がつきました。 幼魚をアオボッケ、1年魚をロウソクホッケ、春の季節になると群れを ‥‥

海鮮お茶漬けは和風ファーストフードに最適!鮭の塩抜き方法

前回はシロザケ・ギンザケ・カラフトマスをご紹介しましたので、今回はキングサーモン・ベニザケ・サーモントラウトをご紹介していきます。 キングサーモンは北アメリカ西海岸~日本北部の北太平洋に生息し、大きさは1mあります。 日 ‥‥

海鮮カルパッチョで手軽にオシャレに作る!鮭の保存方法と解凍方法

鮭にはシロザケ・ギンザケ・カラフトマス・キングサーモン・ベニザケ・ニジマスの仲間がいます。 私たちが鮭だといているのはシロザケの事です。 今回はシロザケ・ギンザケ・カラフトマスをご紹介していきます。 シロザケは日本各地の ‥‥

海鮮巻きに使うと旨味が濃厚で美味しい!鮭の食べ方と栄養素

鮭は臭いを嗅ぐことができるのは知っていますか? 生き物なんだから当たり前だろ?って言う声が聞こえてきそうですが、確かに魚は嗅覚を持っています。 それでは自分の生まれた故郷の臭いを覚えていて死ぬ前にはその故郷に必ず帰るって ‥‥

海鮮かつ丼でお腹いっぱいになる!マグロの保存方法と解凍方法

ビンナガ・ミナミマグロ・メバチ以外にもマグロの仲間であるキハダマグロ・コシナガ・タイセイヨウマグロがいますのでご説明させて頂きます。 キハダマグロは日本近海にある島や岩礁付近に生息し、大きさは2mあり、釣り・巻き網・延縄 ‥‥

海鮮デカ盛り丼はもうコレしかない、マグロの漬け丼の作り方。

今回はマグロ漬けの作り方です。 まずお刺身用のマグロ・お醤油大さじ6杯・日本酒大さじ4杯・みりん大さじ4杯・小ねぎ2本・わさび少々を用意してください。 マグロの漬け汁を作りますので小鍋にお醤油・日本酒・みりんを入れて火を ‥‥

海鮮漬け丼でより美味しさを引き出す、マグロの食べ方と栄養素

マグロの漬け丼を食べていると妙にこの独特の赤みの身が気になって仕方がありません。 他の魚でこんなに赤々しいのはカツオくらいしか知りません。 何故赤みの身になるんでしょうか? それはこの赤い身は筋肉でできていてエネルギーを ‥‥

お歳暮などのギフトに大人気!ブリの食べ方と栄養素

関西地方や北陸地方ではマダイに匹敵するくらい、ブリはお正月やお歳暮には欠かせない祝いの魚です。 またブリは出世魚としても有名です。 出世魚というのは成長する毎に名前の呼び方が変わる魚の事を言います。 同じ魚ですが大きさや ‥‥