海鮮料理 激ウマ!あんこうの美味しい7のレシピ

アンコウと言えば、夏ではなく冬物の食べ物ですが、 夏に鍋を食べるのも意外と美味しいって知っていましたか? こんにちはー!アキトキミです。 冬前になると美味しいアンコウが食べたくなりますが、 値段がものすごく高いので一般庶 ‥‥

海鮮料理集 独特な香りがするアユを使ったレシピまとめ8選

夏と言えば鮎なんです。 このキュウリみたいな香りがたまりません! 香りを十分に堪能できる鮎って、実は脂のノリが全然違うんですよ! べったりもしていなくあっさりもしていない、丁度いい脂加減がまた良いんですよね。 これからア ‥‥

夏バテ防止の海鮮ならコレ!美味しいアナゴレシピまとめ7個

  皆さん、こんにちはアキトキミです。 もう5月になりすっかり季節は春から初夏へと変わりましたね。 今のうちから夏バテ防止に向けてアナゴを食べるのも悪くありません。 「でも何でアナゴなの?ウナギじゃないの?」 ‥‥

海鮮スープカレーにすると甘みととろける味がたまらない!アカムツの食べ方

  ムツは脂っこい魚なので「むつっこい」と呼ばれていましたが、この魚も脂が乗って美味しい魚でいて赤い色をしているので『アカムツ』と関東地方では呼ばれています。 また口の中が真っ黒いので『のどくろ』とも呼ばれてい ‥‥

海鮮天丼で繊細な食感が口の中でとろける、ワカサギの食べ方と栄養素

  江戸時代に霞ヶ浦の者が将軍にワカサギを献上したところ、とっても気に入られたので公魚(ワカサギ)と書かれるようになりました。 体の体格や胸びれ・腹びれ・背びれ・尾びれの位置もアユに似ていて、背びれと尾びれの間 ‥‥

海鮮巻き寿司の口の中でほどける味、メヒカリの食べ方と栄養素

  メヒカリは深海魚であり深海魚特有の大きく青い目を持っていることからメヒカリと呼ばれるようになりました。 メヒカリとメヒカリの仲間であるマエソ・トカゲエソ・オキエソ・ヒメをご紹介していきます。 生息地は関東地 ‥‥

海鮮チゲ鍋をマイルドな味に仕上げる、メバルの食べ方と栄養素

  メバルは漢字で眼張と書きますのでその名前の通り、目が飛び出ている高級魚です。 特徴として目がかなり大きく視力が良いので、その日に釣りをするとあっさりと逃げられてしまします。 曇った日や潮が汚れている時には釣 ‥‥

海鮮トルティーヤで脂がのった味をはさむ、メジナの食べ方と栄養素

  メジナは目が口に近いところにあるので目近魚(メジナ)と呼ばれていますが、この呼び名は関東で呼ばれていて関西ではグレと呼ばれています。 メジナとメジナの仲間であるクロメジナとオキナメジナをご紹介していきます。 ‥‥

海鮮ロールキャベツにはヘルシーな魚が合う、ムツの食べ方と栄養素

  ムツは幼魚の時から脂があってかなり美味しいので「むつっこい」と言われていて、そこから転じてムツと呼ばれるようになりました。 それではムツとムツの仲間であるクロムツをご紹介していきます。   ムツは ‥‥

海鮮トマト鍋は冬に食べると旨さが増す、ボラの食べ方と栄養素

  ボラは姿かたちがトビウオに似ている魚です。 羽の役割をしている胸びれがないだけで本当にトビウオにそっくりです。 そんなボラは出世魚であり生まれてから体長6cmくらいのものをオボコと呼んでいます。 夏になると ‥‥

海鮮春巻きの具材に入れたらほんのり甘い、ベラの食べ方と栄養素

  ベラ科の魚は人間と同じく夜の間、砂泥底や海底の砂の中に潜って眠っていますが、眠るときだけではなく敵が現れたときや驚いた時にも砂の中に潜ってしまいます。 ベラが眠る時間と起きる時間はかなり正確であり、日没と日 ‥‥

海鮮干物でシンプルに独特な旨味を感じる、ヒイラギの食べ方と栄養素

ヒイラギの背びれ・腹びれ・尻尾の先のとげが硬く触るとかなり痛いので柊の葉っぱに似ているため、ヒイラギと呼ばれれるようになりました。   また釣りたての時は体の表面が非常にぬるぬるして粘液がいっぱい出ています。 ‥‥

海鮮ちり鍋にすれば上品で味わい深い旨さ、ハモの食べ方と栄養素

アナゴによく似ていますが少し違うのはアナゴの歯が小さいのに対してハモの歯は大きくて鋭いです。 体を切り取って頭だけにしても噛みついたりしますので、そこから『食む(はむ)』が転じてハモになりました。  

海鮮南蛮漬けの癖になる美味しさ、ハタハタの食べ方と栄養素

ハタハタは雷が鳴る頃に獲れる魚なので雷魚とも呼ばれています。 何故雷が鳴るときにしか獲れないのかというと、12月頃、ハタハタは産卵をするために沿岸の海藻がある場所に卵を産み付けていくからです。 そこを漁師の方々は漁獲して ‥‥

海鮮天丼にしてみたら好評だった!ハゼの食べ方と栄養素

ハゼは砂泥底にあるサンゴの死骸を食べ、砂を口に含みえらぶたを開けてえらぶたの間から砂を海中にまき散らします。 この砂泥底で砂になっているのはサンゴの死骸であり、そこにはゴカイ類・エビ類・カニ類があるのでハゼはそれらを食べ ‥‥