【夢の様なひとときが味わえる!】かにしゃぶ通販口コミランキング

かにといえば北釧水産
「夢のふわとろ食感」が味わえるのは北釧水産の蟹しゃぶだけ!生の蟹しゃぶですが生臭さが全くありませんので他の通販店とは雲泥の差があります。ダシ昆布も特製タレも付属でついていますし、蟹との相性もピッタリです。「料亭の味」とはまさにこのこと。買ってみても絶対に損はありません!!
かにまみれ
品質が高い3特~4特クラスの毛蟹の蟹味噌はコクがあって濃厚さがあります。それもこってりとしたクリーミーな味という感じです。当然、スーパーなんかで売っている毛蟹では堪能できない美味さが味わえますよ!カニ初心者さんならこっちをお勧めします。
かに本舗
ネットショップ大賞3年連続第1位の大手蟹専門店です。蟹をさばきたくない!面倒な下処理は嫌!!っていう人にオススメです。珍しい大ズワイガニですが、食感はまるでタラバガニ、でも繊細な風味はズワイガニに似ています。

お歳暮にネット通販で海鮮を買うならこの人気高級魚!フグの特徴


ふぐ刺し

 

『フグは秋の彼岸から春の彼岸まで食べるな』ということわざがあります。

 

その理由は2つあり、1つは産卵の時期が春の間にあり春から秋の間に食べてしまうと、栄養分が卵にいってしまうので身が痩せてしまい不味くなるからです。

2つ目の理由としては、卵に栄養分が溜まるにつれて卵巣や肝臓に栄養が行き届くのと同時に毒も溜まってしまうので、死んでしまう確率も高くなるというワケです。

 

 

 

昔の人の知恵はこんなところでも役に立つということを、しみじみ理解させられますね。

 

 

それではフグの仲間であるシロサバフグ・マフグ・カラス・ショウサイフグ・クサフグ・コモンフグ・ヒガンフグ・アカメフグについてご紹介していきます。

 

 

 

シロサバフグは北海道~九州までの日本各地と台湾~中国沿岸に生息し大きさが30cm~35cmあります。

食べ方は干物・味噌漬けにしてトラフグの代わりとして食べられています。
旬は冬の間です。

筋肉・皮・精巣は基本的に食べることができます。

 

 

 

マフグは北海道以南の日本各地~サハリン付近に生息し大きさが42cm~45cmあります。
卵巣・肝臓・皮膚・腸には猛毒があり肉と精巣には毒がありません。

味はトラフグと比べたら味は劣りますが、フグの中では美味しいです。
食べ方は干物や唐揚げ・てっさ・てっちりなどで食べられています。

旬の時期は冬の間です。

 

 

 

カラスは日本海以西~黄海・東シナ海に生息し体の大きさは50cm~55cmあります。
精巣と肝臓は毒性が強く筋肉・皮膚・精巣には毒がありません。

味はトラフグに似て美味しく値段も高いです。

 

 

 

ショウサイフグは南日本生息し大きさは30cm~32cmあり、体の色がコモンフグに少し似ていますがショウサイフグの方が大きいです。
肝臓・卵巣・腸・皮膚は猛毒で肉にも少し毒があります。

味が美味しく干物として食べられています。

 

 

 

とらふぐ

 

 

 

 

クサフグは南日本の内湾に生息し大きさは10cm~12cmあり、頭の部分がグレー色がかかった緑色で黄色い斑点があります。
卵巣・肝臓・腸・皮膚は猛毒であり肉と精巣には弱い毒性があります。

食べるのに適していないフグです。

 

 

 

コモンフグは日本全土の沿岸付近に生息し大きさが18cm~20cmあり、ショウサイフグに似ていて体の上側は黒く黄色い輪郭がはっきりとして白い斑点が何個も散らばっています。
卵巣・肝臓・精巣・皮はかなり毒性が強く肉は少し毒性があります。

食べない方が良いフグです。

 

 

 

 

 

ヒガンフグは日本全土の沿岸付近に生息し大きさが24cm~30cmあり、体の色がベージュ色で黒い斑点がいくつも分散しています。
卵巣・肝臓・皮膚・腸は強い毒性があり精巣や肉は弱い毒性があります。

ほかのフグの仲間と違い、春の彼岸の時が一番美味しいのでヒガンフグと名づけられました。

 

少し食べられるときもありますがあまり食べない方が良いフグでしょう。

 

 

 

 

アカメフグは本州中部以南に生息し大きさが20cm~22cmあり、目が赤いのでアカメフグと呼ばれています。

卵巣・肝臓・皮膚には猛毒があり、腸には弱い毒性があり、肉には毒性はありません。

 このフグも食べない方が良いでしょう。

 

 

 

 

フグは天敵に対する自己防衛をします。

 

 

それは海水を飲んでお腹をぷく~と膨らませて相手を威嚇させたり驚かせたりします。

マフグやトラフグは体全体を膨らませるのに対してクサフグはお腹だけを膨らませています。

しばらくすると胃にためておいて口からピュ~と海水を出します。

 

このためにフグには肋骨が全くありません。

タイなどの硬骨魚にはすべて肋骨があるのですが、フグは体を膨らませるので骨が邪魔になるのです。

 

体をいっつも膨らませているおかげでフグの身があんなにコリコリとした弾力性のある歯ごたえをしているんです。

 

【2016年】本当に食べてみたら旨かったイクラ通販口コミランキングBEST3

 
icon-ranking1-1北釧水産
thumb_www_hokusen_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

価格は割高ですが、イクラの味と食感が一番美味しくイクラ嫌いがいくら好きになってしまうほどの旨さがあります。特別な日に言葉にできないほどウマい高級イクラがほしい方にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_ikura

icon-ranking1-2北国からの贈り物
thumb_www_kitaguni-net_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

過去に全国イーコマース協議会・Yahoo!ショッピング・ぐるなび食市場・SAVAWAYで賞を受賞した経験を持っている海鮮通販サイトです。テレビや雑誌などのメディアで取り上げられています。 イクラの鮮度が良く素材が活かされて美味しいのにも関わらず、価格も送料無料で3980円なので格安で高品質なイクラが食べれます。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


 

button_koshiki_g

icon-ranking1-3匠本舗
thumb_skynet-c_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

蟹専門店で有名な匠本舗です。蟹だけではなくイクラも一流。ぷっちぷっちの食感が良く味付けも塩辛すぎず絶妙な味です。イクラの歯ごたえさを味わいたい人にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_koshiki_g