【夢の様なひとときが味わえる!】かにしゃぶ通販口コミランキング

かにといえば北釧水産
「夢のふわとろ食感」が味わえるのは北釧水産の蟹しゃぶだけ!生の蟹しゃぶですが生臭さが全くありませんので他の通販店とは雲泥の差があります。ダシ昆布も特製タレも付属でついていますし、蟹との相性もピッタリです。「料亭の味」とはまさにこのこと。買ってみても絶対に損はありません!!
かにまみれ
品質が高い3特~4特クラスの毛蟹の蟹味噌はコクがあって濃厚さがあります。それもこってりとしたクリーミーな味という感じです。当然、スーパーなんかで売っている毛蟹では堪能できない美味さが味わえますよ!カニ初心者さんならこっちをお勧めします。
かに本舗
ネットショップ大賞3年連続第1位の大手蟹専門店です。蟹をさばきたくない!面倒な下処理は嫌!!っていう人にオススメです。珍しい大ズワイガニですが、食感はまるでタラバガニ、でも繊細な風味はズワイガニに似ています。

海鮮汁を食べると肌が美しくなる、アンコウの食べ方と栄養素


あんこうなべ

アンコウは鯛と同じくらい捨てるところがないと言われています。

アンコウをさばくとき、グニャグニャでブヨブヨのアンコウの体表にはぬめりがあるので、まな板の上では包丁を入れることができません。

そこで考えられたのは吊るし切りと呼ばれるさばき方です。

 

アンコウの下アゴに大き目のフックをかけて、そこから縄を通してアンコウを吊るした状態で切ります。
アンコウの口にペットボトル3本分の水を流し込み、これを重しの代わりとして下顎を下の方へと切ると全部の皮がめくれるようになります。

 

こうしてアンコウの七つ道具と呼ばれている、身・卵巣・胃・肝・皮・ヒレ・エラを取り、食べることができます。

 

アンコウと言えば、西のフグ、東のアンコウと呼ばれている位、関東で愛されている魚ですね。

 

アンコウとアンコウの仲間であるキアンコウ・ニシアンコウ・メダマアンコウ・ヒメアンコウをご紹介していきます。

アンコウは北海道南部以南~東シナ海付近の沿岸の砂地や水深500mの深海に生息し、大きさは100cm~150cmあり、底曳網や刺網などで漁獲されています。

 

アンコウのエサの獲り方が他の魚とちょっと違います。

 

背びれには釣竿があり、その先端には丸みを帯びた物があります。

アンコウの体は砂の中に入っていて、この釣竿の先端部分だけを砂の外に出して動かすと、魚がなんだろうな?と思いながら近づいてきます。

 

アンコウは口を開けて一気に食べてしまいます。

 

アンコウはゆったりとしていますがちゃっかりエサを捕らえるのが上手です。

 

あんこう

 

アンコウの仲間の中でもチョウチンアンコウという頭から伸びた釣竿の先端が光る魚がいます。
このメスの大きさは1mを超えますが、オスの方の体長は15cmしかありません。

オスは言ってみるならば、メスのヒモのようなオスで、メスに寄生するどうしようもないアンコウなんです。

オスはメスを見つけると皮膚に吸い付き、メスの血液が循環するようになりそこから栄養分をもらって寄生を始めます。
オスは泳ぐ力が衰えてしまって精巣だけが発達し、交尾をするだけの関係になってしまいます。
メス1匹で、オス5匹からが寄生しメスの体と同化してしまうのです。

味はキアンコウの方が美味しく、食べ方は鍋物や唐揚げなどで食べられています。

 

キアンコウは北海道以南の日本各地~北部シナ海の浅い海域から水深500mの深海に生息し、大きさが150cmあり、底曳網・刺網などで漁獲されています。

味はアンコウの仲間の中で一番美味しくアンコウ鍋などで食べられていて、肝が7つ道具の中で一番美味しく濃厚な味をしていてジューシーな味をしています。

ヨーロッパでは頭をスープとして食され、身は焼いたり蒸したりしてよく食べられています。
旬の時期は10月~3月までであり、青森県・福島県・島根県・山口県が産地となっています。

 

ニシアンコウは北西大西洋~地中海付近の沿岸から水深500mの深海に生息し、大きさが1m~2mまであり、底曳網や釣りなどで漁獲されています。
味が中々良いので日本にも冷凍物が輸入されています。

 

あんこう

 

メダマアンコウは土佐湾~南東シナ海・台湾付近の水深200m~水深500までの深海に生息し、大きさが30cmまでしかなく、底曳網などで漁獲されています。
食べ方は鍋物や唐揚げなどで食べられています。

 

ヒメアンコウは高知県~東シナ海の西太平洋付近の水深200m~水深300mまでの深海に生息し、大きさが30cmまでの小型、底曳網で漁獲されています。
食べ方は鍋物・唐揚げなどで食べられています。

 

アンコウの選び方は鮮魚の場合は大きくて身が硬いものを選び、切り身の場合は身がピンク色をしているもの、艶があってテカっているものを選びましょう。

アンコウの栄養素はリン・カリウム・マグネシウム・亜鉛・銅・ビタミンA・ビタミンD・ナイアシン・DHA・EPAなどの栄養素が含まれています。

特にビタミンAとビタミンDが多く含まれています。

【2016年】本当に食べてみたら旨かったイクラ通販口コミランキングBEST3

 
icon-ranking1-1北釧水産
thumb_www_hokusen_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

価格は割高ですが、イクラの味と食感が一番美味しくイクラ嫌いがいくら好きになってしまうほどの旨さがあります。特別な日に言葉にできないほどウマい高級イクラがほしい方にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_ikura

icon-ranking1-2北国からの贈り物
thumb_www_kitaguni-net_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

過去に全国イーコマース協議会・Yahoo!ショッピング・ぐるなび食市場・SAVAWAYで賞を受賞した経験を持っている海鮮通販サイトです。テレビや雑誌などのメディアで取り上げられています。 イクラの鮮度が良く素材が活かされて美味しいのにも関わらず、価格も送料無料で3980円なので格安で高品質なイクラが食べれます。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


 

button_koshiki_g

icon-ranking1-3匠本舗
thumb_skynet-c_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

蟹専門店で有名な匠本舗です。蟹だけではなくイクラも一流。ぷっちぷっちの食感が良く味付けも塩辛すぎず絶妙な味です。イクラの歯ごたえさを味わいたい人にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_koshiki_g