【夢の様なひとときが味わえる!】かにしゃぶ通販口コミランキング

かにといえば北釧水産
「夢のふわとろ食感」が味わえるのは北釧水産の蟹しゃぶだけ!生の蟹しゃぶですが生臭さが全くありませんので他の通販店とは雲泥の差があります。ダシ昆布も特製タレも付属でついていますし、蟹との相性もピッタリです。「料亭の味」とはまさにこのこと。買ってみても絶対に損はありません!!
かにまみれ
品質が高い3特~4特クラスの毛蟹の蟹味噌はコクがあって濃厚さがあります。それもこってりとしたクリーミーな味という感じです。当然、スーパーなんかで売っている毛蟹では堪能できない美味さが味わえますよ!カニ初心者さんならこっちをお勧めします。
かに本舗
ネットショップ大賞3年連続第1位の大手蟹専門店です。蟹をさばきたくない!面倒な下処理は嫌!!っていう人にオススメです。珍しい大ズワイガニですが、食感はまるでタラバガニ、でも繊細な風味はズワイガニに似ています。

海鮮にぎりでふわトロの食感が口に広がる!アナゴの食べ方と栄養素


アナゴ

アナゴには人間と同じ視覚・味覚・触覚・嗅覚・聴覚があります。
触覚は分かるとして、あとの4つの機能はどうなっているんでしょうか?

魚の味覚と言うのは唇・ひげ・口内・皮膚を使う事によって、甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさを感じ取ることができます。

人間の場合は舌で味覚を感じとりますが、魚にとっては舌は食べた物を食道に送るためにあるもので味をあまり感じ取れません。

 

魚の舌は筋肉ではなく軟骨でできているため、伸ばしたり縮めたりすることができません。
もっとすごいのは甘さだけが人間の7倍~60倍は味を感じることができます。

 

魚の視覚は人間で言うと視力0.5~0.1までのかなりの近視であり、光や色を感じ取れる網膜があまり発達していません。
人間は目のレンズの厚さを変えて物を見ますが、魚は筋肉でレンズを前と後ろと動かしながら物を見ます。

物を見る距離の長さは約20m程しか見ることができません。

 

嗅覚は鮭の食べ方と栄養素のページでもちらっとご説明しましたが、魚は匂いを嗅ぐことができます。
魚の両目の周りに小さな穴が4つ開いています。
ここには泳いだり呼吸をするときに流れる水の匂いを、鼻の中にあるシワである感覚器で嗅ぐことができます。

 

一番スゴイのは聴覚で、全ての魚は絶対音感を持っていると言われています。
外見上は耳がありませんが、頭の中に内耳と呼ばれる耳を持っていて左右に一つずつ持っています。
この内耳によって魚たちは音を出しあいながらお互いの音を聞いて話をしています。

 

Coral and fish in the Red Sea.

 

音の種類にはエサを食べる音、敵を脅かす音、敵が近づいて来たり危険を察知した時の音、オスとメスが呼び合う音などがあります。

海は暗く良く見えないといったデメリットがありますが、陸上の3倍は音が伝わりやすかったり音が消えないといったメリットがあります。

 

魚は海の性質に合わせて進化していったのだと思います。

 

 

アナゴもちゃんと人間と同じ様に感覚器が働いているので、魚だからといって甘く見てはいけないですね!

アナゴは関東よりも関西の方で食べられてきた魚でしたが、最近は関東の方で穴子寿司が食べられるようになりました。

しかし関東の食べ方は穴子を煮る、関西では穴子を焼くといった違う調理方法で食べられています。

 

アナゴとアナゴの仲間であるクロアナゴとギンアナゴをご紹介していきます。

 

通常アナゴと言われているのはマアナゴの事です。

マアナゴは本州中部以南~東シナ海の浅い砂泥底に生息し、大きさは40cm~60cmあり、底曳網・延縄・籠筒などで漁獲されています。

昼間は穴の中で大人しくしていますが、夜になると穴から出てきて小魚やエビなどの甲殻類をむさぼり食べています。
アナゴは外見は大人しそうですが獰猛な肉食生物です。

 

味は脂がのっていますがウナギよりもあっさりとした軽い食感をしています。
食べ方は天ぷら・蒲焼き・寿司などで食べられており、関西では八幡巻き柳川風煮込みで食べられ、関東では江戸前もの穴子を食べています。

特に関東では小さいサイズのめそと呼ばれる若い魚を天ぷらにしています。
高知県では稚魚の穴子のコリコリとした食感を生で頂く、のれそれという食材もあります。

旬の時期は6月~8月までであり、長崎県・島根県・愛知県・兵庫県が産地となっております。

 

あなご寿司

 

クロアナゴは本州中部以南と朝鮮半島の沿岸に生息し、大きさは130cmあり、延縄や底曳網などで漁獲されています。
見た目はマアナゴに似ていますが、味はマアナゴよりも不味く身が硬いです。

 

ギンアナゴは北海道以南~南シナ海付近の沿岸に生息し、45cmの大きさがあり、底曳網などで漁獲されています。
練り物製品の原料となっています。

 

次にアナゴの選び方です。

鮮魚の場合は大きさが30cm~40cmのもの、ぬめりがテカっているもの、背側は茶色で腹側は薄い黄土色のもの、規則正しい点々のような模様があるものを選びます。

開いている場合は色が白く身に透明感がありふっくらとハリがあるものを選びましょう。

 

アナゴの栄養素にはカルシウム・リン・鉄・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・銅・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンD・ナイアシン・ビタミンC・EPA・DHAなどが含まれています。

特にビタミンA・EPA・DHAが豊富で、ウィルスに対する抵抗力が強くなり風邪が引きにくくなります。

 

【2016年】本当に食べてみたら旨かったイクラ通販口コミランキングBEST3

 
icon-ranking1-1北釧水産
thumb_www_hokusen_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

価格は割高ですが、イクラの味と食感が一番美味しくイクラ嫌いがいくら好きになってしまうほどの旨さがあります。特別な日に言葉にできないほどウマい高級イクラがほしい方にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_ikura

icon-ranking1-2北国からの贈り物
thumb_www_kitaguni-net_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

過去に全国イーコマース協議会・Yahoo!ショッピング・ぐるなび食市場・SAVAWAYで賞を受賞した経験を持っている海鮮通販サイトです。テレビや雑誌などのメディアで取り上げられています。 イクラの鮮度が良く素材が活かされて美味しいのにも関わらず、価格も送料無料で3980円なので格安で高品質なイクラが食べれます。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


 

button_koshiki_g

icon-ranking1-3匠本舗
thumb_skynet-c_ikura1 icon-check-b-g【商品レビュー内容】

蟹専門店で有名な匠本舗です。蟹だけではなくイクラも一流。ぷっちぷっちの食感が良く味付けも塩辛すぎず絶妙な味です。イクラの歯ごたえさを味わいたい人にオススメします。

icon-finger1-r 商品レビューを読んでみる


button_koshiki_g